脳みそパンク中
最近休日の過ごし方が絶望的にアカンと思う。
なにせ連休があったら片方ほぼ寝てますからね。
寝るのは好きだけど、結局この時間になってやっとまともに覚醒する感じ。

やりたいことが多すぎてとっちらかってます。

最近ハマってるのは、ズバリ「ラブコメ」的なもの。
今見てるドラマも読んでる漫画も、遊んでるゲームもなんとなく恋愛ものばかりだなと気づく。
元々恋愛要素が好きでそういうのが入ってる作品ばかり選びがちではあったけど、がっつりラブコメばかり選んでるのはなんか久々だなぁと。

何の心境の変化ですかね。
変わらない同棲生活に飽きているのか?そうでもないけど。

今とりあえずBLUE SEEDのブルーレイをすっごく見返したいんだけど、パソコンでは見れないのでテレビとPS3を起動しなければならないのだが、それが面倒くさい…

アニメはあとXのテレビアニメ版をちまちま見てます。あ、これラブコメではないな。
久々にウテナも見返したいなぁ。

ゲームはスマホの美少女ソシャゲ(スクスト、マギレコ、プリコネ)を中心にやってたけど、思うところあり乙女ゲー群を再開しました。
昔はボルテージの乙女ゲーやってたけどそこからエミック中心に移り、今はサイバードの乙女ゲーがお気に入りです。
が、初期の作品がどんどん冷遇されていき、1年前に出た有料アーカイブが今月でサービス終了になるので危機感を覚えて再開。
やはりスマホゲーは配信終了が怖い。
かといって動画として録画して残すような気力もないんで…
まぁ見れなくなるのはそれはそれで仕方ない。

あとP3Dに合わせて、セーブデータ消えたP3をもう一度リプレイ中。
今回一番下の難易度です。
まだやってない女主人公は2周目にサクサクやりたいのでキタロー選択で。

漫画は相変わらずTLばっかり読んでるけどTLもウケたジャンルの作品の二番煎じですぐ溢れるので似たような話ばかり読むとやはり二番煎じは本家に勝てないなと。
私は「同期〜」が一番好きです。

TL以外だと花子くん、その愛は異端、カカフカカ、青楼オペラは相変わらず追いかけてますね。
どれも雑誌違うんで雑誌買って追いかけるのはさすがに無理かな…
あと最近ハマってるのは薬屋のひとりごとですね。
これはラブコメ要素もあり推理要素もありツボに入りました。
原作の小説もちまちま読んでます。
漫画から入ったので読みながらキャラの表情を想像できるのが楽しい。

好きなものが多すぎて、手からこぼれおちていくような感じ。
癸生川もプレイストアから消えてしまったと聞くし…
当たり前だけど永遠なんてものはないんだなぁ。
なんでも配信される時代になって、ずっと手元に残していつでも楽しめる状態、っていうのが理想な私には、寂しいです。
昔のガラケーとかも、売り切りゲームだけ残して置いておけばよかった!と後悔してます。

アニメに至っては最近どんなアニメやってて面白いのかすらわかってないし、追いかける気力もわかない…
P5のアニメが始まる頃(今)にはP4GもP5もやってるつもりだったんだが…
消滅都市もアニメ化するらしいから予習したいなぁ…



映画「ラプラスの魔女」
とても微妙…な映画を見てしまったので感想。
私はそもそも邦画があんまり好きではないのですが、容疑者Xの献身や永遠の0見てボロボロ泣くくらいには邦画との相性が良いのかな…と思います。

しかしラプラスの魔女は安っぽいCGとか邦画の悪いところが出ていて、かつ「無駄にお金かけてるな」とか、「この俳優をごり押ししたくて原作無視したんだな」とか、そういうのも無くて、褒めるところがあんまり無い。
かと言ってこのクソ映画!と思うほどの怒りも湧いてこないのは、私が原作読んでないからですかね。

なんでこんなに平らにしたんだろうってくらい平坦なストーリー。
2時間ドラマで十分ではないのか…
手術によって人智を超えた能力を持ってしまった2人の若者の悲哀だとか、 SF要素たっぷりの作品なのに、普通の学者&刑事のバディものみたいな感じで進んでいくから、んん??

結構短編向きの話ですよね。実際の小説どのくらい長いのか知らないけど。
もっと時間を短く、ジェットコースターのように話が展開していけば、よかったかな。

この話の主人公はおそらく物理学者。
彼はガリレオの湯川のような変人でも天才でもなく、正義感強めの常識人という感じ。
彼は最初にこの事件を人為的に起こすのは不可能、と判断しますが、実は手術によって全ての物理を予測できる能力を持った人間が存在することがわかります。
ミステリーなら、トリックも何もあったもんじゃありません。
チート能力です。
透明人間が壁抜けして密室殺人を起こした、みたいな。
そこから、物理学者の役割は事件の関係者に寄り添う、サポーター的な立ち位置になります。
最後の方は何か決め台詞も言うでもなく、完全に運転手→傍観者。
狂言回し的な立ち位置なので、キャラを濃くしろとも言わないし(ガリレオがウケたのは漫画的なキャラ付けだと思うけど)非凡な能力を持たない平凡なキャラを登場させたいということであれば成功なのかな。
マジで、どの役者さんがやってもいい役でした。

そして事件を追う刑事役。
最初は物理学者と刑事のやりとりで急速に事件の情報が明らかになっていくので、この2人のバディものかなーと思っていたのですが、特にコンビを組むことなく終わりました。
刑事は物理学者に付きまとい、結果彼が最後まで事件に付き合うキッカケを与えるのだけど、刑事自身は上からの圧力によって事件を闇に葬り去られてしまいます。かわいそう。
2人のやりとりもあまりにフツー。
刑事も血気盛んな正義漢、という感じではあるのだけど、それだけです。
刑事のカンはよく当たるみたいだけど。

ヒロインのまどか。
竜巻という予測不可能な災害で母親を喪ったことをきっかけに、物理を、物事を、引いては未来を、予測できる能力を秘密裏に行われた手術で手に入れた女の子。
まどかのミステリアスで、可憐で、最後は微笑んで終わる、そういうところは広瀬すずさんがバッチリ演じてたなぁと思いました。
やっぱり見た目に華があるし、声もよく通っていて、なんじゃこの下手くそヒロインは!とは思わなかった。
まぁそれでも、手術前と手術後でもっと雰囲気が変わっても良かったんじゃないかと思いました。
だってもし本当に未来が見えていて、この世界に絶望しているなら、もっと達観しているのでは?
自分の介入で未来を変えることができるかも!と気付くのは、物理学者との会話のときだし。

まどかの父であり、予測能力の研究者。
冷静なマッドサイエンティストって感じですかね。
目で語る演技は素晴らしかったなぁと思います。

もう1人の能力者、ケント。
割と最初のほうに意識不明になったケントと甘粕の絆が延々と描かれるのですが、まぁ、何か裏があるよね。
まさか手術に成功するとは思ってなかったんですかね。
ケントは同じ境遇となったまどかにはずっと優しかったけれど、結局いいやつだったのか悪いやつだったのか…
最後に月虹を見せて音もなく消えるところまで予測してたんならすごいよね。
能力を使って2人も殺したのは事実なので、最後は自首してほしかったけどな。
最後に甘粕は自殺してしまうけれど、ケントが関与してないと願いたい。
ここは読者の想像におまかせってやつかな?

甘粕
ある意味全ての元凶。
性根の腐った悪役なのですが、動機がコロコロとかジャンプでありそうな狂った芸術家キャラそのものなのがね…ちょっと陳腐だなぁと。
彼のしたことは許されるものではないけど、一度は全ての人間に存在意義がある、という理由で死ななかったのに、結局自殺エンドなのはちょっとかわいそう。
彼の狂った殺人があったからこそケントは能力を得て、ケントの存在がまどかに影響を与え、まどかが自分の能力を正しいことに使う、そういう流れでいいのかね?
トヨエツさんの演技の「映画」の言い方とか面白かったです。
彼のオーバーな演技は同じ監督の「アンドロメディア」の竹中直人さんを思い出しましたよ…

水城さんの奥さんはなんかよくわからなかったです。ケントの協力者ということでいいんだよね?

甘粕が最高の映画を撮るため、失敗作である自分の家族を自殺に見せかけて皆殺しにしようとする

そのときの動機はプロデューサー水城の一言、そのときのアリバイ作りは売れない俳優ゴロウ

ケントだけが奇跡的に生き残り、昏睡状態の中、実の父が家族を殺したと知り、復讐を誓う

特殊な手術によって、ケントは予測能力を得て復活、甘粕に再び命を狙われないために記憶喪失のフリをする

甘粕は家族を失ったショックで廃人になった、という演技をして施設へ入る

最初の事件から8年後、ケントは水城の奥さん(動機は保険金でいいのかな)を協力者にして、水城を硫化水素が発生しやすい温泉街に呼び寄せ殺害

同様に?売れない俳優を呼び出して温泉街で殺害

最後にケントは実の父親を映画で使ったという廃墟に連れて行き、乱流を予測して心中する気だった

…事件の全貌はこんな感じ?
竜巻とか廃墟の外観がもろCGでガッカリ。
めっちゃ綺麗だなーって映像もなく、ゾクゾクするような演技もなく、最後の廃墟のシーンはとにかく長く、淡々としてて、退屈でした。
見せ場であるシーンも、まどかがチート能力の持ち主なので、すごいことやってもそれが当たり前というか、驚きがない。
拳銃もせっかく出てきたのに活躍しなかったし…笑
そしてラストシーンにかけて刑事役完全にフェードアウト。タバコ部屋から出てねぇ。
キャストは豪華なのにもったいない使い方。

どこまで原作通りなのかわからないけど、人智を超える能力を持ってしまって、その能力を復讐という犯罪に使った男と、その復讐をやめさせようとする女の子の物語、ということですよね。
復讐、これで止められたんですかね…
まどかと違い、ケントがこの先どう能力を使い、生きていくのか、全く想像できない。
これからは世のため人のために未来をよりよくしてほしいんだけど。

ガリレオシリーズとか新参者シリーズの映像化は好きだったんだけど、今回のラプラスの魔女はそもそも映像化向きだったのかな?と疑問。
SFチックだし、星新一の短編みたいな、不思議で切ない話だよね。
この映画のCMではすごく息もつかせぬミステリー!という印象を受けたので、実際見てみるとフェイクだったなと…



06/12のツイートまとめ
lamune40fire

同じシーンを再現していても、過程が違うとここまで違うのか…
06-12 23:01

バックハグはメグリンをバッサリ振ってからやってください…
06-12 22:56

主人公たちはもっと自分たちが彼氏持ち彼女持ちであることを自覚したほうがいいと思いました。
06-12 22:53

近衛のこと見るからに胡散臭いって言うのはアウトなのか
06-12 22:47

ひとんちで写真燃やすなw
06-12 22:16

GS美神は横島くんが殴られるときなんかにサブリミナル画像(スタッフのお遊び)が入ってるのに気づいて、ちっちゃい頃ビデオテープを一生懸命コマ送りして見てたのを思い出す
06-12 12:42

KH中坊のときから好きだけど話はよくわかってない
06-12 12:37

RT @Atelier_Yehl: キングダムハーツのストーリーが知りたい?いつものやつおいておきますね #KH3 https://t.co/J7kHYT4fdK
06-12 12:35

RT @doctoruwatson: 4月11日は #GS美神 の放送開始日。椎名高志さんのオカルトSFコメディを東映動画がアニメ化。美神、横島、おキヌのメイン3人だけでもパワフルですが、さらに個性的なキャラが多数絡みドタバタはヒートアップ!作画には全体的にざっとしており…
06-12 01:54

06/11のツイートまとめ
lamune40fire

ドッジ弾平のライバル役のイケメンが関俊彦さんの声だと知って急に興味がわいてきた私はレッツ&ゴー見てなかったので4V4嵐世代ですそんなものが存在するかわからんけど
06-11 19:25

06/10のツイートまとめ
lamune40fire

菱沼さんが描いたのかたまらん
06-10 22:23

これが欲しすぎて買った https://t.co/FUtPJFNnKa
06-10 22:19

大学の講義で赤毛のアンの1話見せてもらったときはとにかく感動したの覚えてるあと自分の世代ならロミオの青い空が割と有名なんだけど、どんな話か知らないんよね…
06-10 22:03

世界名作劇場に全く詳しくなくて、彼氏にピーターパンの冒険という作品を教えてもらったけどキャラデザなかむらさんだし沖浦さんの名前あるしOPめっちゃ動くし曲もいい曲で面白そう
06-10 21:56

TVアニメ版の神威は初っ端から原作通りの中二病セリフ連発で大変よろしい
06-10 21:09

テレビアニメ版の神威はすごいルルーシュの原型っぽい感じがする
06-10 20:37

Xから人間ドラマを省くとこのエンディングはすげー虚しいぞ
06-10 20:34

井上和彦さんが「草薙さん」って呼ぶのがめちゃおもろいなしかも草薙さん中田譲治さんやし
06-10 20:04

尺の都合かもしれないけど相討ちばっかりなんだよねぇ
06-10 19:56

重厚感、建造物崩壊シーンなんて特にTHEマッドハウス、THEりんたろう監督って感じがするそしてTHE結城信輝さんって絵がもう劇場版にすっごく映えて最高すぎるわ
06-10 19:46

>>続きを読む