子供のまま大人になりました
映画スパイダーマン感想2
2004年の映画スパイダーマン2の感想です。

今作の敵Dr.オクトパスが好きすぎて…辛い。
ぽっちゃり体型のおっさんなのに、なんと魅力的なキャラクターなのでしょうか。
俳優さんの知的かつ温かみのある演技が光っています。
無印の敵だったノーマンは、厳格で冷酷、目的のためならば手段を問わない、完璧主義でプライドの高い男(それでもハリーやピーターにいくらかの情があったのがポイント高し)ですが、オクトパスは、一言で言えば「いい人」なんですよ。
2作目がこんなに好きなのは、オクトパスの最期がめちゃくちゃカッコイイからです。
この映画だけの設定も多いのですが、オクトパスをこういうキャラにしてくれてほんとにありがとう!と思います。

まずはスパイダーマンの大事な要素である恋愛のことから。
前作でダークサイドに堕ちたグリーンゴブリンこと親友の父親ノーマンを倒し、ノーマンの最後の願い「ハリーには言うな」を守ったピーター。
ハリーは罪もない父親をスパイダーマンが嬲り殺したと思い込み、密かに彼を抹殺しようと考えます。
ズッ友宣言したMJは、またもや新しい彼氏ができ、しかも今回はプロポーズまで受けてます。
MJはオトコがいないと生きていけないのか!?
いろいろなことが積み重なり、スパイダーマンを辞めて普通の人間に戻ってMJに気持ちを伝えたい!と思うピーター。
でも、全ては遅すぎた…
MJは今の宇宙飛行士の彼氏と結婚すると宣言。
今回ハリーはMJとは完全に切れてるのか、ほとんど何も言ってきませんが、俺からMJと父の愛を奪ったって最後に言い出すので、なんやかんやでMJとうまくいかなかったことを根に持ってるみたいです。
いやいやハリーはハリーでピーターの気持ちを知りつつ横恋慕したようなもんじゃないか…
ハリーやMJって恋人をアクセサリーだと思ってる節があるような。
ハリーは美人設定のMJをやたら父親に見せたがってたし、MJも喧嘩の強い男→金持ちの男→社会的ステータスの高い男と渡り歩いてるし…
MJは宇宙飛行士のジョンと結婚する!と言っておきながら、ジョンとキスしながら「なんか違う…」と思うのです。今更かい。
MJのフラフラ具合は2も健在どころかもっと酷くなってる気がします。
ピーターを喫茶店に呼び出して、やっぱり私間違ってたみたい!とか言い出すMJ。
ピーターはピーターで思い直すところがあり、MJに結婚やめろって言ったけどやっぱり僕は(スパイダーマンやめられないから)君のそばにはいれないよ〜とお互い前言撤回。
君たち一生やってなさい。
スパイダーマンと路地裏で、ピーターと墓前でしたキスが忘れられないのか、フラレときながらキスしたいとか言い出すMJさん…
MJにとってキスとはなんなんだ?確認作業?
MJはもちろんひどいんだけど、ピーターもMJを大切にする気があるのか謎です。
2年前にズッ友宣言してるんだからMJは自由に恋愛していいはず。
いざ結婚が決まった段階で、僕のこと好きって言ってたじゃない!これからはそばにいるし君の舞台も見るから結婚なんてするなよ!とか、かなり自分勝手ですね。
しかもそのあと撤回するのがまた…笑
2人はそのへんお似合いかも。
そんな勝手ばかりの2人に振り回された哀れな犠牲者が増えます。
ジョンさん何にも悪いことしてないのに結婚式をドタキャンされる。かわいそうすぎる。
こうするしかなかったのってMJは言うけど、そんなこたぁないでしょ。
ジョンと話し合ったの?話し合ってるわけないよね。
ドレスまで着て置き手紙一枚ですべてを終わらせるMJさん。
映画とはいえ、あんまりなドラマチック演出。
ジョンがすっと身を引くシーンを作ってあげたら彼の株も上がっただろーに…

恋愛が重要な要素のはずなのにこんな感じでしたので、再びスパイダーマンVSDr.オクトパスの話に戻ります。
オクトパスことオクタビアス博士は、核融合の研究者で、美しい妻と充実した研究生活を送っており、ピーターはそんなオクタビアスに憧れを抱きます。
研究のこと、恋のこと、いろいろ話すうちにオクタビアスにも気に入られるピーター。
しかし、オクタビアスは翌日の公開実験に失敗し、愛する妻と正気を失い、悪の科学者Dr.オクトパスと化してしまいます。
オクトパスが銀行強盗するシーンはちょっとかわいいとか思いました。
あと今作はメイおばさんが大活躍!
ベンおじさんもシリーズ通しての名言を残していますが、メイおばさんもほんとうにピーターを愛していて、時に厳しく時に優しくピーターを見守っていて、何度も泣きそうになりました。
メイおばさんの女優さん高齢なのにめちゃくちゃ上品できれいなお顔で羨ましい〜。
オクトパスは最後の最後になってようやく正気を取り戻し、強い精神力でアームを制御して核融合装置と共に川に沈みます…
「化物のままでは死ねない」みたいなセリフが好きです。
川の近くに研究施設を建てていてよかったね!
昔見た時は、オクトパスが助かる道はなかったのかなーとか思いましたが、最愛の奥さんを死なせて、研究に失敗し暴走した彼に、この先生きていくという選択肢はなかったのだと思います。
ノーマンもオクタビアスも根っこは悪いやつじゃないのですが、研究にとりつかれて悪の自分に操られて、かわいそうな敵です。

そして、遂に仇敵スパイダーマンの正体が親友ピーターだと知ってしまうハリー。
動揺し、その場はスパイダーマンを行かせてしまうも、1人になるとなぜか死んだ父の声が降ってくる。
ピーターを殺せという父の声に反発(ここ明確に嫌だと言ってるハリーが好き)し、鏡をナイフで叩き割ると、そこには隠し部屋が…
父がグリーンゴブリンだったことを知るハリー。
いよいよ3作目はハリーと対峙することになります。
ハリーはピーターを疑いながらも極力危害を加えたくないと思っていて、ほんとに人間くさいやつだなと思います。
MJがなんとなくピーターの正体に気づいてたように、ハリーもスパイダーマンの正体に気づきつつも、そうであってほしくないと思ってたんじゃないですかね。
ほんとによくできた3部作。3も久々に見よう!
07/16のツイートまとめ
lamune40fire

全王様ってみやたんにしか見えないんだが
07-16 23:46

全巻持ってる程度には原作ファンだけど松雪さんのラストはハマってると思うんよ
07-16 11:08