子供のまま大人になりました
こえだちゃん
将来は家を古本屋にするつもりだったけど、おもちゃ屋さんもいいかもしれない。

なんでだか忘れたけど、こえだちゃん買うことにしました。
こえだちゃんは子供の頃は持ってなくて、付き添いで行ってた小学校と友達の家でしか遊んだことないんだけど、結構かわいいよね。

復活してるのは知ってたけど、全部プラスチックの結構ちゃっちいおもちゃのイメージだったので興味ありませんでした。

が、この歳にしてこえだちゃんのファンシーな世界観が意外とツボにはまってしまった。
シルバニアみたいなリアル路線じゃなくて、フルーツモチーフの家具とか、星型のおうちとか、サンリオコラボとか、これはこれで女の子女の子していてかわいいなと。

一つ残念なのは、こえだちゃん2013年に大きなリニューアルがされてて、2012年以前のこえだちゃんと互換性がないこと。
子供は気にならないかもしれないけど、私は気になる。
2013年にリニューアルされた内容は
・座るポーズができるようになった
・頭身が高くなった
・目にハイライトが入った
・家の所定の位置に立たせておしゃべりするようになった

正直、目にハイライトはいらなかった。
どう見てもリニューアル以前のほうがかわいいと思う。大人でも欲しいくらい。
そして、メインキャラが微妙に変わってるのと、森の中の植物をモチーフにした素朴なキャラクターが多かったのに、リニューアル以後、チャラチャラ…もとい、キラキラしたキャラクターを前面に出すようになったこと。
あぁ、これ、リカちゃんと同じ路線。さすがタカラトミーブレない。
きのちゃんとかいちごちゃんとかめちゃくちゃかわいいのにリニューアルされてから出てこないから入手困難。
リニューアル前のほうがかわいいと思うんだけど、いくら手に入りにくくなったからといって定価以上出すのも嫌なので、2013年以降の「おしゃべりコレクション」シリーズを買っていこうと思います。
そのうちきのちゃんとかいちごちゃんとか出るかもわからないし。

喋るほどのこともない近況。
年末年始も終わってしばらく経ってなんやかんやでもうすぐ3月ですね。

仕事に対する漠然とした不安と、楽しいインドア生活と、まぁいろいろ。
今の仕事嫌いじゃないけど、ずっと続けたいと思わない。
じゃあどうやって生きてくのかマジメに考えないといけない。

昨日は職場の先輩とびっくりドンキーでご飯食べながらダラダラだべって、ホビーショップで塗料買って帰ってきた。
仲良くしてる人はよく喋る人ばかりで、女友達みたいに喫茶店やファミレスで昼から晩まで喋ることができる。学生時代は考えられなかったことだと思う。
なんか、私はとっつきにくいけど喋ってみると話しやすい、そんな感じらしい。
うん、それは結構女友達にも言われる。

職場の先輩はよく下ネタを振ってくるけど、誰とも付き合ったことがない先輩の下ネタは「まだ」なんか可愛い気がする。
小学生かわいいとか言うのはどうかと思うけど。
同じ職場の風俗自慢と不倫自慢とかエグいの聞かされてるからかな。
というか、この1年で下ネタに対する抵抗がかなりなくなった気がする。
軽くあしらったり、乗ってみたり、うまい付き合い方を覚えたというか。
イケメン先輩も隣の席からよく下ネタ振ってくるし。
男子校に放り込まれて順応したみたいな。
男友達って結構いいものだなと思った。
まぁでもやっぱり、職場では私は異物みたいな感じだけど。1対1なら大丈夫。
100人以上いるフロアのみんなと仲良くなりたいとか思わないしな。



02/26のツイートまとめ
lamune40fire

こえだちゃんって2013年から目にハイライトが入ってるのか。んー、無い方がよかったかなー。あときのちゃんかわいいのにリストラされたの?
02-26 11:06

2015年バレンタインドレス
帰ってきたら届いてた。
リカちゃんキャッスル2015年バレンタインドレス&バレンタインコレクション。



あーめっちゃかわいい。
バレンタインコレクションあきちゃん
見本通りの髪型
うす茶髪青目。
マットなピンクリップがかわいい
バレンタインコレクションきらちゃん
髪型は見本と同じ
色は赤々茶青目。
こっちはオレンジ系リップ
バレンタインドレスの色は迷いに迷って、バーミリオンとミントを選びました。
バーミリオンはもっと赤っぽいのかと思ってたらソフトレッドで、マカロンみたいな優しい色味で気に入りました。
今年のガーリーなスイーツ柄バレンタインドレスもすごくかわいい。
茶髪のあきちゃんと、ロリータ系の服が似合う髪型のきらちゃんが欲しかったのでよかった。
二人とも綺麗な髪型なので大事にしたい。

今日はホビーショップ行ってきて塗料を買ってきたので、ビッキーちゃんの目を清書します。
うまくいくといいな。

お揃いが好き
えっくす☆きゅーと2人目、チックタックラビットひめのが届きました。



チシャキャットあいかと対になってます。この衣装のカラーリングもすごく可愛い!
あいかのつり目が好きなのでひめのはどうかなーと思ってたんだけど、彼女もキリッとしていて気に入りました。賢そうというか。
そして相変わらずアウトフィットのクオリティが高すぎる!こんな可愛い凝った服が作れたらいいのになー。

えっくすきゅーとはとにかくこのクラシックアリスシリーズが欲しかったので満足。
…なんだけど、実はもう一人予約済み。
金髪の子が欲しくなった。
さすがに設定が仲良し7人グループでも全員は集められませんわ…

あと、リカちゃんキャッスルで去年のバレンタインドレスを買いました。
2014年のバレンタインドレスはおとなしい感じのデザインでスルーしてたんだけど、アゾンのクラシックなワンピースやドレスを見てるうちに、クラシックもかわいいやん!って思うようになり、急遽。

色は5色あったんだけど流石に発売後1年経ってるので2色しか売ってませんでした。

クラシックな服装にはクラシックな顔だちの人形が合うだろうということで、個人的に古臭い顔だと思ってるプルルンちゃんと、ネットで古臭い顔だと言われてるビッキーちゃんに着せた。
昔の少女マンガみたいな感じ。
ベージュのワンピースを着せたプルルンちゃん天使。むしろ女神。
オフホワイトのソバージュはきっと似合うだろうと自分で組み合わせて注文したんだけど、この服を着せたとき、本当に、この組み合わせにしてよかったと思った。
薄ベージュ×水色を着せたビッキーは三つ編みスタイルだと赤毛のアン的な、世界名作劇場に出てきそうな少しお転婆な雰囲気になった。カンカン帽とトランクと編み上げブーツが似合いそう。
なんかこう久々に映画のプライドと偏見とか見たくなりました。
最近のリカフレはアニメっぽい顔だちの子ばかりだからこういう服は似合わなそうだけど、アニメ顔の子にはアニメ顔にしか似合わない服装があるだろうな。
2015年バレンタインドレスとバレンタインコレクションの2人はもうすぐ届く予定。
人形増えた分服や小物も沢山作りたいな。

あの感動が蘇る
レイ逆も終わったので、逆転裁判1・2・3成歩堂セレクションを始めました。
3部作の3DS移植版です。
友達に貸したままの蘇る逆転もこれでいつでも遊べます。

1をクリアして、DS版で新たに追加された超ボリュームのエピソード蘇る逆転をやってます。
1は何かとシンプルだけど、蘇る逆転は後に追加されただけあって事件も凝ってるしキャラも多め、そして難しい!
1と2を繋ぐ物語としても十分機能していて、真宵ちゃんが修行に戻った後のなるほどくん、自身の黒い噂と向き合っていくミツルギが描かれてます。
蘇る逆転の犯人が強すぎてコナカやカルマ検事が霞む…
初めて逆転やったときはコナカ見て「こいつ強すぎる…勝てない」と思ったんだけどな。

2や3はときどき忘れた頃にやってるけど、それも結構前だからまたゆっくり見返したい。
トリックも犯人も知ってるくせに遊んでて余裕で間違うし。

久々に逆転検事もやり直したい。
リカちゃん人形のフレンドドールは沢山持ってるけど、ボーイフレンドの人形は一体も持ってません。
一体くらい欲しいような気もするけど、これだ!っていう欲しい子がいない。

私はスーパードールリカちゃんを見ていた影響もあって、リカちゃんのボーイフレンドはイサムくん、一番の友達はいづみちゃんというイメージが強いのですが。
実はそのすぐ後に新しいボーイフレンドに交代してるんですね。

そのときジャニーズJr.がとても流行っていた「らしい」ので、かっこいいボーイフレンドを出そうということで一気に4人登場しました。
後にも先にも、こんなに男の子ドールが出たのはリカちゃん史上初めて。
そのときのレギュラーメンバーだったリカ、いづみ、あき、きらの4人に一人ずつ相手役がいるという設定だったみたいです。
んー、リカちゃんのお友達ってトリオ構成が多いんですけど、ここで4人にしたのも当時SPEEDやMAXのような4人グループ歌手の人気があった影響なんですかね。

ジャニーズJr.が流行ってるということで、名前と苗字を結構そのまんま持ってきたせいでクレームがついて、結局苗字の設定は無かったことになりました。
顔立ちもモデルに似せてるのかは知らないけど、もうちょい名前はひねったほうがいいんじゃないかと、毎度思う。
今売り出し中のHGSのメンバーにしても。

蒼井ツバサ
蒼井→蒼井優など芸名特有の苗字?
ツバサ→益若つばさや本田翼から?
ニックネームのツバッキー→ガッキーやくみっきーから?

大島ミサキ
大島→大島優子から?
ミサキ→AKBの岩佐美咲から?

なんかどっかで聞いたことあるなーって名前を付けてるような…
ありふれてるけど、あえてここで大島をチョイスするところとか。

んで、問題になったボーイフレンド4人の名前。
・滝沢 駆(かけるくん)
・相葉 温(あつしくん)
・渋谷 匠(たくみくん)
・今井 翔(しょうくん)
まぁ、この並びを見てジャニーズだってわかる人は多い。
あんまりグループデビューしなかった人とかは詳しくないけど
滝沢→タッキー由来
相葉→嵐の相葉くん由来
渋谷→現関ジャニの渋谷すばる由来
今井→今井翼由来
翔→嵐の櫻井くん由来
なのは間違いないかと。
で、私当時それなりにジャニーズ主演のドラマとかちょいちょい見てたし、USOジャパンとかそんなにテレビバンバン出ないJr.が出てた番組も見てたのに、関ジャニの渋谷すばるさんが当時このメンツに名前を連ねるほど人気があるJr.メンバーだったって知らなかった。
まぁ、それを言うとタッキー&翼がデビューしたときも、何がそんなにすごいことなのか、Jr.に詳しくなかった私はよくわからなかったんだけど。
まぁ今結構ヤフートップで渋谷さんの記事が出て、その記事に対するコメントとか見ても「昔は天使だった」って話がよく見られるし、どのグループに属してなくえも、個人でタッキーや翼くらい人気があったんでしょうね。
逆に言うと、Jr.時代は単体で人気あったけど、今は、関ジャニというグループのメンバーとして世間に認知されている。
ジャニーズって結構不思議だよね。
佐野瑞樹くんとか堂本剛主演のドラマに出演してたり花ざかりの君たちへで佐野泉のモデルになったりケロケロちゃいむでメインキャラの声優に抜擢されたりするくらい人気のJr.メンバーだったけど、歌手デビューしなかった。
生田斗真くんは嵐と同世代だけど、ドラマでもバーター出演、それから主演するくらいまで人気が出て、20歳こえてから世間で知られるようになった。

嵐のメンバーにしても、私は松潤がダントツ人気だとしばらく思ってたんだけど、Jr.時代は相葉くんが人気だったのかな。リカちゃんにも抜擢されてるくらいだし。

とりあえず今現在から見ると、99年にリカちゃん&フレンドのボーイフレンドとして選ばれた名前がこのメンツだったっていうのが、すごく興味深いよねっていう、そういう話。



02/23のツイートまとめ
lamune40fire

ゆずちゃとウィルキンソン混ぜて簡単ゆずサイダー作った。めっちゃ美味い。
02-23 23:18

前の日10時間以上寝たからといって、4時間半睡眠でOKってわけじゃないのがとても不便に感じる。
02-23 07:25

02/22のツイートまとめ
lamune40fire

クロハシリーズ化してほしい。
02-22 23:16

今更だけどアニメ版のエマ見たくなってきた。ヒロインが冬馬由美で相手役がベイマックスの声とか最強やろ。
02-22 14:38

英國戀物語エマ1〜9話感想
大好きなドール服本に載ってるクラシックメイド服が、あの有名な(有名だよね?)森薫さんの漫画「エマ」を参考にしていたのを知って、2005年のアニメ「英國戀物語エマ」を見始めました。

森薫さんの漫画は読んだことないです。
人気なものに安易に手を出しづらいという面倒な性格で…

エマは話の雰囲気とかはなんとなく知ってて、作者のデビュー経緯や掲載誌から「テルマエロマエ」のような良い意味での作者の趣味全開な漫画だと思ってて、背景やキャラからは「明日のナージャ」みたいな感じかなと。
後は「美鳥の日々」と監督、脚本、キャラデザ含むほとんどのスタッフが同じなので、アニメ版美鳥の日々が好きな自分としては、期待大でした。

調べてみると冬馬由美さんが主人公。
冬馬さんはヒロインやサブヒロインの役は多かったけど主人公を演じるのは珍しい!そして放映時既にベテラン!
無口で照れ屋なメイドさん役とは意外。

身分違いの恋を描いたロマンスもの。
ストーリーやキャラクターに派手さが無い分、丁寧な作画や緻密な演出、クラシック音楽のようなアニメだなぁと思いました。
好き嫌いハッキリ分かれるタイプですね。
恋愛ドラマが好きな女性は好きそうな。
美鳥の日々は穏やかな日々を描きつつ、原作がドタバタコメディ色が強くて主人公の正治がヤンキーだったのでギャグとシリアスのメリハリがある感じだったんですが、エマは、真面目に穏やかな日々をひたすら描く、内気なメイドとヘタレなお坊ちゃんの初々しい恋の話で、どっちかというとドラえもんやサザエさんみたいな安心感がある。
同じ時期の作品だとARIAに似てるかも。

全く何も起こらないのかと言えばそんなことはなく、いつの間にかじわじわと夢中になっていく物語。
1話を見たときは、私は個人的にやや退屈なアニメだと思いました。
この時代のイギリスが好きな人なら背景や衣装見てるだけでも楽しいのかなーと思ったけど、地味で表情変化の少ないエマと、少し優柔不断で汗を流したことが無さそうな箱入り坊ちゃんのウィリアムにあまり魅力を感じなくて。
3話から出てくるハキムは行動力があってなんかすごく魅力的に見えるんですけどね。
でもエマとウィリアムの奥ゆかしい恋愛、二人の仲を裂く様々な障害、そして恩人との哀しい別れ…回を追うごとにどんどんドラマティックに話が展開していって、そのとき初めて、序盤にその時代のイギリスをこれでもかと絵で説明してくれたのが活きてくる。
なるほどなーと思った。

もう少し媚びてもいいんじゃないかと思ったけど、それもこの作品の良いところなのかもね。



めちゃモリMISAKI
去年登場のリカフレ、ミサキをゲットしました。

普段は金髪ロングのお上品な彼女。

しかしこの人形、めちゃモリMISAKIというからには秘密がある。
付属のスポンジを使うと…



でーんと盛れる。
この頭に挿してるかんざしみたいなのがなんと12種類も付いてて、いろいろ組み合わせを楽しめる。
着てるのが2013年バレンタインドレスなのでバレンタイン風。


派手にキャバ嬢風に。

最初この商品の写真見たときはいろんな意味で「ねーよwww」と思ったし、届いたときは髪が乱れるのが嫌で盛る気なんて全くなかったんだけど、いざ盛ってみたら思いのほか楽しかった(笑)
ただこのギミックよく考えられてるとは思うんだけど幼稚園〜小学校の子には難しいと思う。
あとミサキの顔立ちもケバすぎて子供向けではないような、かと言って大人ファンが好きそうな顔でもない。

髪はいずれ再植毛してもらう予定だけど、しばらくは盛って楽しむのもアリかな。
ツバサと違って着れる服も幅広いし。
小さいものが好き
人間関係に悩んでるわけでないけど、ここ一ヶ月くらいは人と接する時間よりおもちゃと向き合ってる時間のほうが長いような気がする。
いやだって、遊びに誘ってくれる友達1人しかいないんだもん。いや自分から誘えよって話だけど、自分から人を誘うほど遊びたくもないというか…
年末繁忙やらクリスマスやらバレンタインやらが過ぎ去ったからか、なんか自分の中で心境の変化があったからか、1人で過ごすのめっちゃ楽で楽しい。

ブログをこまめにチェックしてくれてる人は知ってると思うけど、2013年の途中から私全く人形に触れなくなりました。
一応就活とかで1/6ドールの話をしたりはしたよ(笑)意味があったのかは知らない。
もう服作ることもないのかなーと思ってたけど、ここに来て、3度目だか4度目だかの正直でリカちゃん人形に再びハマり、ちょっと価格の高いえっくすきゅーとにも手を出し、10数年振りに宝物のシルバニアファミリーを引っ張り出し、ミシンを買い、今までやってきた手芸スキルを全てミニチュア技術に活かそうと日々奮闘しています。
まぁ、そうだね、老後の楽しみは間違いなく手芸になると思う。この歳でリカちゃん人形触ってたら、きっとおばあちゃんになっても触ってると思う。

一人暮らしして花嫁修業するのを期待してたかもしれない親たちには申し訳ないけど、方向性は自分の中に向いてしまったから仕方ない。
世の役には立たないかもしれないけど、もし自分に娘ができたら、おもちゃ関係では絶対に苦労させない自信があるよ…
欲しいものなんでも買ってあげるわけにはいかないけど、無い物は作れるかもしれない。


本日の作業内容
相変わらず靴屋さんやってます。

編み上げブーツ、サボシューズに引き続き、ストラップシューズを作りました。
中敷き選びが楽しい〜。
だいぶ作り方にも慣れてきた。
予定ではあとエンジニアブーツと、学生カバンを作ったら革小物はとりあえず一段落させようと思ってます。
今は革の色も一つしか持ってないので、赤や緑の革を探しに行かないとね。

ビッキーちゃんを三つ編みにしたらカントリー少女になってかわいかった。


ミニチュアのフェイクスイーツも作りたい。

寝ても寝ても寝たりない
3連休2日目ー。
今日も家で引きこもって作業してましたー。

レイ逆のダウンロードコンテンツで遊びました。
本編の後日談やら裏話やら小ネタ集のような感じ。
本編で今ひとつ活躍しなかったジーケンやナゾミが暴れていてよかった。
巧さんのテキストはちょっぴり毒があって面白い。
自虐ネタも嫌な感じは受けないし。
楽屋オチ的な話なので、特別法廷での逆転キャラを思い出しました。
レイトンファンにはノリノリのレイトンキャラはあんまりウケがよろしくないかも?
ジョドーラやジーケンのようなシリアス一辺倒のキャラが、ここぞとばかりにはっちゃけてた。
逆転のキャラは脇役やちょい役までインパクトあって濃ゆくて好きだけど、レイトンは印象に残るほど濃ゆいモブキャラってあんまりいない気がする。そういうゲームだけど。
出たがりで卑しくてはた迷惑で、それでもどこか憎めなくて愛らしい、逆転のキャラってそんな感じ。

無計画すぎてあまりやること進んでない…
明日は何やろう。
中国っ子こたつ座談会


みゆ:…ハイ、というわけで、今夜は中国っ子の皆さんに集まっていただきました。よろしくお願いしますー。

エミリー:…ちょっと待って。

みゆ:ハイ?

エミリー:これじゃ誰が喋ってるのかわからないんだけど…?

みゆ:あー、そうですよね。じゃあ自己紹介から始めましょう。


みゆ:今喋ってるのが一番左のみゆでーす!
おしゃれと動物が大好きなのー。ヘアサロンでシャンプーしたり、ペットショップの店員さんだったりするよ。

エミリー:いやいや、本業はどっちなの?

みゆ:細かいことは気にしないでください!
過去にもアイドル廃業したみいちゃんがスーパーで働いたり、同じくもえちゃんがナースさんだったり、皆いろいろと苦労してるんです!

エミリー:そ、そうなの…?

みゆ:はい次の方!



ビッキー:ええーと、ビッキーです。
アメリカと台湾のクォーターなの。
リカちゃんの台湾版なの。
最初はかなでちゃんとかローラちゃんとか違う名前だったの。

さくら:うーん、どうして名前が変わったのかな?

ビッキー:わかりません。でも、商標登録されてる名前とかは使えないみたいなので、それが関係してるのかも?
過去には実在の子役の女の子のモデルにして、その子の名前をとったななみちゃんが、後にひなちゃんと改名して販売されたり、シャンプーとのコラボで名付けられたジェニーフレンドのティモテが、今はその名前が使えなくてジェニーフレンドって名前になってたり、名前はいろいろ厳しい制限があるみたい。

みゆ:台湾では最初からビッキーだったんですかねー?ビッキーってビクトリアの愛称かな?はいそれでは次の方!



さくら:はい、さくらと申します。
初登場は多分リカちゃんブログで、ビューティーモデルズの一員です。

ビッキー:ビューティーモデルズって?

さくら:リカちゃんが2008年頃からモデルの仕事を始めたんです。
そのときのメンバーがアリスちゃん、マリアちゃん、私、エミリーちゃん、ひなちゃんなんです。
私はリカちゃんのクラスメートなんです。

エミリー:ビューティーモデルズの活動は、リカちゃんブログで写真付きで紹介されてたのよ。

さくら:私とエミリーちゃんは、結構早い段階からブログに登場してたんだけど、なかなか店頭に並ばなかったの。

みゆ:そんなことが…ブログだけの登場にならなくてよかったです!
それではラストの方どうぞー。



エミリー:私はエミリー。ビューティーモデルズの一員で、アメリカ出身なの。
リカちゃんの先輩モデルで、ブログでは結構リカちゃんに厳しいことで有名だったみたい。

ビッキー:あのー、仲悪かったんですか?

エミリー:プライベートでは友達だけど、仕事では先輩として言いたいことは言わせてもらってたわ。

みゆ:エミリーちゃんって、今までのリカちゃんの友達にはいなかったタイプだよね。

さくら:クールでかっこいい感じですよねー。




みゆ:さてさて、自己紹介と蘊蓄も終わったところで、皆さん、知ってました?
リカちゃん去年からアイドルやってるみたいですね。

エミリー:えぇ?またぁ?

さくら:これで3回目じゃないですか?2001年頃と2007年頃にもやってましたよね?

ビッキー:モデルはやめちゃったってこと?

みゆ:私たち、そろそろお役御免だと思うんだけど…皆さんどう思います?

さくら:私とエミリーちゃんはモデル友達だったから…もう出ないかも。

エミリー:でも実は、さくらとみゆはモデル終了後に新しく出てるからね…レギュラー昇格かも。

さくら:確かにそうかもしれないですけど…

ビッキー:私はもう出なさそう…

みゆ:ところで、アイドルリカちゃんと言えば、もえちゃん、みいちゃんと3人でデビューして、2007年も同じメンバーでキラキラアイドルリカちゃんとして登場したんですけど…今回、メンバー違うみたいです。

さくら:えっ!

エミリー:…まぁ、さすがにもえちゃんみいちゃんの復活はないかー。

ビッキー:それで、どんな人なんですか?新しいメンバーって。

みゆ:それは…

???:失礼しまーす。



???:初めまして!蒼井ツバサです!
アイドルユニット「HGS」のリーダーなの!

エミリー:えっ?えいちじーえす?

さくら:蒼井って…苗字あるの!?いや、逆にリカちゃんにあって私たちに無かったのが変なんだけど!

ツバサ:HGSは、原宿ガールズスクールの略なの!私立恵比寿中学みたいな感じ?
私のことはツバッキーって呼んでね!

ビッキー:えぇー。ツバッキー髪の毛派手だね…今度のアイドルは皆こうなの?

ツバサ:うーん、髪の色がここまで派手なのは私だけだよー。リカちゃんは茶髪で、もう一人の大島ミサキことミサキングは金髪だよ。

みゆ:ちょっと、アイプリント、私とかぶってません!?

ツバサ:そ、そうだよね…なんか似てるなーと思ってたんだけど…まぁでも髪の色とメイクに免じて、ねっ。

エミリー:うーん、もえちゃんみいちゃんのイメージが強いから、なかなか奇抜に見えるー。

ツバサ:そのうちミサキングも来ると思うからよろしくね!

さくら:そういえば、アイドルリカちゃんのときも、最初は3人ユニットでスタートして、新メンバーのななみちゃんが増えましたよね…

みゆ:ってことは、もう一人増える可能性も…?

ビッキー:中国っ子仲間が増えるねー。

エミリー:…まぁ、中国っ子も国産に負けないように一丸となってがんばらなきゃね!

みゆ:そうそう、中国っ子もかわいい子いっぱいいますから!
植毛が雑なのは最悪リトファでリメイクしてもらえばいいよね!

さくら:私たちには首かしげボディという強みもありますし!

ツバサ:そうだよね!私とミサキングもがんばるから、新しいリカちゃんシリーズ、原宿ガールズスクールをよろしくね!

おわり




本日の作業内容
革ミニチュア第二弾。
サボシューズを作りました。
「革で作るミニチュアサイズの可愛い小物」という本に載っています。


サボシューズの似合いそうな服装はないかと探したんだけど自作のフェルト服しか思い当たらなかった…
モデルはお気に入りのみいちゃん。

4ミリのコキカンを買ったのでこれからガンガン使っていきたいです。


今回2作目なのでさすがに余裕もあるだろうと写真撮りながら作りました。
まぁ、ちょっと失敗もあったんだけど…出来上がればいいんだよ!

①用意します

型紙写して切り取って、材料と道具を用意。
ここには載ってないけど中敷きのために好みのプリント布も少量。

②目打ちで型をとってハサミでキリトリ

ハサミは普通のハサミでいけました。
一足分の材料。


③スクリューポンチで縫い穴あけます


楽しいです。開ける位置はズボラなのでテキトーです。

④ちくちく縫います

一部の革は立体的に仕上げるために濡らして柔らかくします。


革用の糸と針を使って縫います。
縫い方は本に載ってた縫い方ではなく糸がついてたキットの縫い方でやりました。
まずは平縫い。


端までいったら返し縫い。
縫い目が揃うときれいに仕上がる。


つま先がふくらむように先の丸い棒で成形します。

あとはストラップつけて終わりなんだけど、ここで結構苦労したので写真撮れませんでした。
出来上がればいいんだよ…うん。

あとはビッキーと遊んでました。
世に出た時期がほぼ同期のみゆちゃんと。

この右のピュアニーモアドバンス久々に出した。
みゆちゃんの服胸元がアレだったので自作のケープ着せた。もうちょっとマシなのを作り直そう。

頭が寂しいので簡易ヘッドドレスを作りました。
白系の頭の小物持ってなかった。

レースの両端ににビーズ用の細いワイヤーをつけただけです。首の後ろに持って行ってねじるだけ。
ビーズ用のワイヤーはドール用のヘアアクセサリーなどをつけるのに重宝します。
目立たないしゴムみたいに劣化して切れる心配ないし形を自在に変えられるので多少頭の大きさが違う子でも問題なく。
ワイヤー結んでるところが隠れるように100均のバラパーツをつけてます。
レースに細いリボンを編み込んでもかわいいかも。
こうやって白い服着せてみるとビッキーちゃんはお上品なお嬢さんでなかなかかわいいなと思いました。
ロリータ似合うかも。
ビッキー改造計画2
とりあえず垂れ目すぎるのが気になるので自力で簡易リペイント。




まずマッキーで目尻を塗って目の形を変えます。



もともと茶色目なので目立たなくなるで目をマッキーで塗る。
白の星ギリギリまで塗るのが難しいので、最後にミニチュア用塗料(多分アクリル絵の具)で星を描き直す。



こうなりました。


箱の見本写真のようにつり眉にしようと思うと元の眉を消さなきゃいけないので、とりあえず眉はこのままでいきます。
目ヂカラアップして少しキリリとしたので満足。

あとは植毛をリトファにオーダーしようと思います。
今の髪もかわいいけどちょっとボサついて見えるのが残念なので。
リピート
まどマギのキャストを髣髴とさせるレイ逆やって、もう一度劇場版まどマギが見たくなったのでもう一度叛逆の物語を見ました。
結末がわかってて見ると、まぁこんな感じかーという感じ。
二転三転する物語が最初見たときはしんどかったので。
コテコテの嘘くさい魔法少女もの、息詰まる銃撃戦、ホラーテイストな推理ミステリー、仲間たちと協力しての最後の戦い、ここで終わっときゃまだ良かったけど、そこからドロドロの偏愛物語でシメだったからなんというか詰め込みすぎじゃないかと。
いやうまく詰め込んだなとは思うんだけど、見てる側はちょっとしんどい。
良くも悪くも人気が出て売れたからできた映画。
映像としてのクオリティに文句はないんだけど、うまく収まってた物語を敢えて引っ掻き回して、それでちゃんとした結末が用意できるのかなー。
確かにメインキャラたちは、叛逆の物語で救済された。
再び人間としてこの世に生きることになったさやか。
さやかを失わずに済んだ杏子。
家族や友達と暮らせるまどか。
孤独から解放されたマミ。
ついでになぎさ。なぎさは何であの年齢で魔法少女になって、穢れを溜めすぎて絶望したのかあんまり想像つかないし、対になる存在がいないマミのために用意されたキャラという感じ。というか世の中のことがある程度見えるようになっていろんなことに悩み出す時期の女の子が魔法少女になるって設定だと認識してたから、なぎさはぽやーんとし過ぎというか、思い入れができない。
別にあの性格ならこの世に未練なく円環の理の一部としてでも変わりなくやってたと思うし。
すべてを敵に回してもまどかを自分のそばに置くというゴリ押しを敢行したほむら。
でもラストのほむらあんまり幸せそうじゃない。だから後味が悪い。
まどかの願いをぶち壊してまで自分の愛とやらを優先したほむらが、かっこいいかと言われると微妙。
潔いんだけどさぁ…世界の概念を変えちゃうっていうスケールの大きさと、思春期の女の子特有のお友達独占欲っていう一時的なものが噛み合わない。
5人で仲良く大団円の結末を選ばず、なんかカップリング重視だなーと。
あー、この作品のファンはイチオシの2人が仲良くしてたら満足な人が多いのかも?

ほむらが嫌いじゃないからこそ、テレビ版のまどかの決意を踏みにじるような展開を、どう落とすのかが気になる。
まさかここで終わりじゃないよね?
こんなゆがんだ結末は嫌だなー。



ひいぃ
たまに、ごくたまに、過去の記事を読み返すんだけど。
2012年10月のドール趣味の記事でこんなことをのたまっていた。
「だから物を増やして満足するのはそろそろやめて、次の段階に進みたいと思うようになった。
他にやることがあるんじゃないの?と、最近何をやっていても思う。
好きなことで楽しむ一つにしても、楽しみ方があるんじゃないの?とか。
お金出して物増やしてるだけじゃ先はないよねホントに。」
グサグサッときましたわ。昔の自分の言葉に。
弁解しとくと、お金出して物も増やしてるけど、ものづくりのほうもちゃんとやってます!
ただ、確かに、買い物し過ぎかな。
いやーでもねー、欲しいものって尽きないからなー。

児童書「モモ」の中で、時間泥棒がモモに仕掛けた罠で喋る人形をプレゼンするシーンがある。
多分バービーとかをモデルにしてるんだろうな。
時間泥棒曰く、この人形には沢山のお洋服と小物が用意されていて、その女友達、男友達も沢山いて、それぞれに膨大な数のお洋服と小物がある、絶対に飽きることのない人形とのこと。
時間泥棒の狙いは、モモがこの人形遊びに夢中になって自分たちの邪魔をしなくなることだったんだけど、モモは現実の友達と遊ぶことにしか興味がなく、時間泥棒の必死のプレゼンを一蹴する。
私、正直小学生のときこのシーン見て、この人形欲しかった(笑)
モモが言ってることもわかるし、今なら積極的に人と関わっていくことの大事さとかわかるようになったけど、いや、でも、確かに、こんな人形いたら楽しいだろうなー時間を忘れて遊んじゃうだろうなーと当時は思った。
その先に何があるのかって言われたら難しいですけどね。
ドールの楽しみ方って、かわいい服着せて、髪もきれいに整えて、ポーズとって飾って、最高の角度で写真撮って、ブログやサイトにアップして、の繰り返し、だけど、その人形がもっとかわいくなるように手をかけてあげる作業自体も楽しいし、いい写真が撮れたら嬉しいし、とにかく私は一日中人形と遊べます。余裕で。
着せ替えて、髪型変えて、時にはメイクできたりして、ポーズとって…これはフィギュアにはできない。奥が深い。

ビッキー改造計画その1
Amazonで叩き売りされてるリカフレのビッキーちゃんをゲットしました。
酷い色飛びやアイプリのズレも無く、改造しがいのある子です。



この子を…



パッケージの写真目指して改造します。
いや、もはや別人じゃんとか、もはや顔の形からして違うだろとか、ツッコミ所は多々あるんだけど、とりあえず、どこまで近づけられるのかを試してみたい。

値段が値段なので惜しくない。
がんばる!
レイ逆クリア!
無事にエンディングまで辿り着きました、レイトン教授VS逆転裁判。

女の子キャラがかわいすぎた!
物語の性質上登場人物に女の子多いんだけど、どの子も魅力的で良かった。
正統派ヒロインのマホーネ、ツンツン美女の検察士長ジョドーラ、仕草がいちいちかわいいオリーブ、おとなしい子ほど凶暴なマーダラ、古典的メガネ美少女ナゾミ、健気で抱きしめたくなるパトラス、そしてこんだけ女の子キャラが多くても全く埋もれず天真爛漫な真宵ちゃん。
パトラスがお気に入りだけどどの子もかわいかった!
パトラスはもう、斎藤千和さんのたったワンシーンの演技に持って行かれた。
声優ってすごいな!って改めて思った。
正直、イケパラで男装する役をやってたルーク役の堀北真希さんでも、目をつぶって聞くとときどき堀北さんの地声、女の子の声に聴こえる時があるし、今作で真宵ちゃんを演じた桐谷美玲さんも、健闘したと思うんだけど、声張り上げたりすると、あ、真宵ちゃんというか、桐谷さんが喋ってるな、と思ってしまう。
斎藤千和さんはまどマギのほむらとダンガンロンパの朝比奈葵くらいしか真面目に聞いたことないけど、パトラスの演技は、その2キャラクターのどちらとも違っていて、とにかく器用だなと思った。
クリア後のおまけでボイスが聞けるんだけど、パトラスのセリフは例のソレが選ばれてて、何回も繰り返し聴いてしまう。何回聴いても良い!

クリア後のおまけが充実しているのでストーリーの矛盾やボロが気にならなくなってきたぞー。
音楽と塗さんの絵があれば幸せさ。




増やします!
人形を増員予定。

まず、キャッスルから2人お迎え予定。
きらちゃんとあきちゃん。二人とも2体目。
この2人は世に出た時期が同じの同期さん。
早く手元に届かないかな。

そして、久々に、店頭販売の中国っ子を買い漁ろうと思います。
最近までさくらエミリーみゆの3人を愛でていこうと決意してたのに、ふと欲しくなってしまったので。
発売前から欲しくて楽しみにしてたのに、いざ店頭で実物見て買うのを躊躇ってしまったビッキーちゃんと、去年のニューフェイス、ツバサちゃんをお迎えします。
ミサキちゃんも興味はあるけど、とりあえず、この2人を。
ビッキーちゃんは見本写真が詐欺レベルの、顔も髪も問題アリなのは重々承知してるけど、この際、リメイク前提で、一番かわいくしてやろうと、買う前から決めました。てか、叩き売りされてるのが可哀想なんだよ!
ツバサちゃんは顔はかわいいけど髪の色が紫なのがどうなんだろうなと思ってたけど、さくら、エミリー、ビッキー、ツバサをまとめてリトファで髪型をリメイクしてもらおうかなと考えてる。
正直、髪のクオリティで人形の雰囲気だいぶ変わると思う。もちろん顔が命だけど。

今手に入るフレンドでも何人かスルーしてる人がいるんだけど、いつか、買う機会があれば、かな。
黒目が大きくて鼻と口が小さい、ドーリーフェイスが好きなんだと思います。
大人っぽい雰囲気の顔立ちの人形が好きなら、ジェニーフレンドなりmomokoなり集めてたと思う。

仕事がんばって、お金稼いで趣味にお金使うの楽しい。
これからのこと考えるのも大事だけど、今を犠牲にもしたくないと思う。


本日の作業内容
外に出て買い物するのもアリだったけど、ゲームしつつ、ちくちく作業してました。

今日は本を見ながら編み上げブーツの革小物を作りました!

今回はキットじゃないので、型紙を革にうつして、スクリューポンチという道具で自分で縫い穴を空けて作りました。
細かいし立体的なので難しかった。
手持ちの革小物用の縫い糸が太く、スクリューポンチで空けられる穴の大きさが1.5mmと大きめだったので、本物のブーツを小さくしたみたいなリアルさはないけど、素朴でかわいい感じに仕上がりました。
リカちゃん、えっくすきゅーとに履かせられる大きさでちょうどいい感じ。
余力があれば仕上げ剤を使ったり、磨いたりしたいです。

あと、久々に昔のビーズの本を出してきて、ゴシックな服装に合うような小さな王冠を作りました。



とりあえず作り方を覚えるために試作品でパープルの王冠を作りました。
もう少し使う色や形をアレンジしてみようと思います。

レイトン教授VS逆転裁判をプレイ中
秋頃に買って完全に放置していた「レイトン教授VS逆転裁判」を始めました。
結構毒舌なナルホドくん、久々の登場真宵ちゃんのコンビが懐かしい。
レイトン教授は最後の時間旅行しかやったことないけど、単なる謎解きゲームではなく、シナリオもきちんとしていて面白いゲームだと思ってます。正直、私には謎解きがめんどくさくて他はやってないけど。
まさかのコラボ作品、2つの作品のいいとこどりという感じ。
今はこのゲーム結構お安く手に入るけど、シナリオのボリュームもまあまあ、グラフィックや音楽が美しいのでお得感あります。

4章まで進んでるのでそこまでの感想を。
うーん、女の子がかわいいです。
序章からしてかわいい女の子が出てきます。まぁ、犯人ですけど。
このゲームのアートディレクションはカプコン側の塗さんが担当してるのですが、私、逆転の絵では蘇る&4を担当した塗さんの絵が一番好きで、ちょっぴりかわいらしいナルホドくんや、文句無しにかわいい真宵ちゃんはもちろん、主要人物のマホーネ、検察のジーケン(ファンタジーなのに名前に全くヒネリがないのも今作の特徴だと思う)など、キャラクターの絵がすごく良いです。
好きすぎて設定資料集買うかもしれない。

よく言われてるのが、ボイス入りで逆転メンバーを「実写映画版」のキャストをそのまま起用したことだけど、うん、まぁ、そうだね。かなり浮いてると思う。
レイトン教授が芸能人起用でそれに合わせたのかもしれないし、実写映画版の宣伝だったのかもしれないけど。
レイトン教授のキャスト、長いことやってるしそれなりに上手いんだよね。
もともと声の演技に合ってる声質だと思う。
んで、声優としては初参戦だった実写逆転のキャスト、その俳優さんがそのまま喋ってるような感覚が、違和感につながってるのかな。まぁ、キャラに合ってないんだね。
声の感じだけで言うなら真宵ちゃんはまだマシ。
何が悪いってわけじゃないけど、今までの逆転シリーズやトレーラーで主人公を演じたディレクターの巧さんや声優の近藤さんと、全く違う声質だからかな。
ただ、スーパーナチュラルの吹き替えでもひどい言われようだったから、成宮さんは元々声の演技向きの声じゃないのかもしれない。
しかも、脇には悠木碧さん、宮野真守さん、斎藤千和さん、中原麻衣さんと、本職の声優さんで固めてる。浮くよそりゃ。
斎藤千和さんの演技がすごいなと思った。

そうだなぁ、個人的には、逆転裁判って人は沢山死ぬけど、「人が死ぬその瞬間」を見せられることってほぼ無かった(3のおなみだみちるさんくらいかな?)から、結構映像的にはショッキングだなーと思った。ファンタジーっぽい世界観だけどね。




02/14のツイートまとめ
lamune40fire

右耳にニキビができてイヤホンつけられないくらい痛い。調べたら最も痛い箇所だそう。
02-14 18:45

02/13のツイートまとめ
lamune40fire

出オチだった。成宮さんの棒読みと相まって吹きそうになった。 http://t.co/I7ZRuDADJd
02-13 20:10

今日からミニチュアレザークラフトを始めます。ヒートカットて何やねんライターとか怖いよと思ってたけど糸端炙るの楽しすぎる。
02-13 11:49

ミニチュアレザークラフト
今月から始めました。
一人前の革小物職人目指してがんばります。

第一弾は鞄でした。
リカちゃんに使える!やったね。

さっそくちくちく作ってリカちゃんに持たせてみた。



赤い鞄。デザインは好きだけどもう少し小さめがよかったな。
でもこれ型抜き済み、縫い穴も開け済みだったのでサイズ変更できなかった。
まぁまだ許容範囲。



丸底の鞄。
簡単そうに見えるけど実は結構丸底に苦労した。



肩掛け鞄。
もう少し肩紐長くすればよかったな。
これもちょっと難しかったけど、リカちゃんに似合っててよかった。色もデザインも好き。

革小物は1日でサクッと何個も作れる手軽さがとてもいい!
普通の縫い物と違うところは、糸にロウが引いてあって、糸端の処理をするときは糸端をライターで炙るというところ。
糸がジュワッと溶けるのが面白い。
ライターなんて持ってないと思ってたら祖母がくれた。よく拾ってくるらしい…
今回3つの鞄作りで培ったスキルを活かして、今度は自分で革を切って縫い穴空けて作りたいと思う。

これからもじわじわ、ジェルネイルとミニチュア家具と並行して作っていきます!
02/11のツイートまとめ
lamune40fire

劇場版ムーミンの予告編見たけど、豪華キャストってどう考えてもゲストよりレギュラーのほうだと思う。
02-11 14:08

十兵衛ちゃん面白そうやから見てみようかな。
02-11 13:57

RT @rinrinll: 劇場版ムーミンが今週末公開と知り予告動画を見てたらビキニ姿のフローレンに対しムーミンが「そんな格好ダメだよ!何も着てないみたい…」と注意してたんだけど誰がどう見たって明らかにお前の方が何も着てない http://t.co/kAjOAi4l2Q
02-11 11:00

さらばでござる、じゃねえぇえぇー!!
最後のセリフがすごくツボだー。
十兵衛ちゃん1期全13話を見て、今は2004年放送の2期を見始めています。
1期はセル画アニメ、2期はデジタルアニメで、スタッフも少し変動してますね。

ところどころにこどちゃネタ、マサルさんネタ、おじゃる丸ネタととにかく大地作品のネタが入ってるのが特徴ですが、この作品はやっぱりりりかSOSを髣髴とさせるし、大地監督本人も、そういうツイートを2012年にしてますね。
大地監督の十兵衛ちゃん関連のツイート、なかなか興味深かったです。

りりかSOSや十兵衛ちゃんのヒロインは、普通の女の子の生活を犠牲にして人助けをしています。
それをよく思わない人もいるわけで。
他の変身ヒロインものだと、無視されてることが多いんですよね。良い面ばかり描かれているというか。
親が子供が正義の味方であることをよく思ってないこと。普通の生活を送ってほしいと望むこと。
まぁ、まどかマギカには、ほむらを助けに行くまどかを母が止める描写があったけど、あれはそういう魔法少女という華やかな表向きの姿とその過酷でダークな実態の両方を描いた作品だから…
そういう意味では十兵衛ちゃんに出てくるお父さんって、リアルな父親像を描いてると同時に、変身ヒロインもの大好きな視聴者からすると「なんだよ主人公の邪魔すんなよ」って感じかな。

りりかは大地監督の初監督作で、とにかく最終回が話題になった作品。
私は、愛する男の子や友達や家族を残して消えちゃうりりかになんだよそれ!って言いたくなったけど。

大地監督曰く、りりかをやり直したくて十兵衛ちゃんを作ったらしいです。
加納が責任を取らずに終わったのを、今度は鯉之介にきっちり取らせようと。
いやいや…鯉之介がかわいそうだなと思ったよ。ただでさえ見せ場ないのに最終回なんて皆から責められて。
がんばってたと思うけどな。
まぁ、他のがんばりが目立ってたけど。特にお父さん。
終始不遇ならともかく、ちょいちょい鯉之介と自由がくっつきそうな描写もあって、目的を見失っても、次の目的を探すために生き続けたらいいんじゃない?って自由が背中を押したりして、このまま菜ノ花家のわんこ的な立場で仲良く暮らすわけには…いかんのか。ドラえもんが未来に帰らなきゃいけないのと同じで。
自由はともかく、鯉之介は間違いなく自由に惚れてるだろーに。
まぁ、大地監督が加納と同じポジションって言ってるので、十兵衛ちゃんの公式カップリングということでいいよね、多分。
結ばれなくてもカップルなんです。
自分が好きなアニメのカップリングベスト5に自由×鯉之介が入ると思う。
他は
藤宮紅葉×草薙さん(BLUE SEED)
ロジャー×ドロシー(THEビッグオー)
あひる×ふぁきあ(プリンセスチュチュ)
ひとみ×バァン(エスカフローネ)
だな。
意外とくっつきそうでくっつかない(並んでるのが似合ってるけどラブラブではない)二人が好きなんかもしれないです。
曖昧な関係だとヒイロ×リリーナとかも好きだけど、GWXはどれも同じくらい好きだな。

とりあえず、1期の最後で成仏してしまった鯉之介さんが、2期でちゃんと出てくるのかどうか、そればかりが心配です。
息子の鮎之介が出てくるのは、なんかすごくプリンセスチュチュを思い出したよ。
あんまり息子ってこういうとき出てきてほしくないんだけどねー。
2期は、音楽がちょっと今風になったり、キャラデザが馬越さんに代わって、新キャラの女の子とかまんまおジャ魔女どれみに出てきそうなビジュアルだなぁと。
でも馬越さんて実はめちゃくちゃアクション作画がうまいので、期待。
いろいろ作画も綺麗になってるけど、もう11年前のアニメなんだなぁ。
2期では主役の声優さんが小西寛子さん→堀江由衣さんに変更。
四郎役の声優さん、あとモブを多く担当してた岩坪さんが引退してるので3人交代してる。
小西さんも岩坪さんもおじゃる丸の主要キャストで、小西寛子さんはもし声優続けてたら、すごく人気だったと思うな。
フルーツバスケットの透役も、ドラマCDでは小西さんだったけど、その後引退されたんで、アニメ版は堀江さんが担当してる。
正直、声似てるので違和感なし。
小西寛子さんはおじゃるもそうだけど、天なるのシルキィや、D4プリンセスの我王ねじるが印象的でした。
どうも、Wiki見たらまた活動再開されてるみたいですね。

2期も楽しみます。萌えとアクションに期待。


90年代の萌えアニメ
「こどものおもちゃ」「おじゃる丸」の監督でおなじみ、大地丙太郎監督の99年のアニメ「十兵衛ちゃん」を見始めました。

ハイテンションなギャグとデフォルメされたキャラクターが魅力。
これでも深夜アニメ黎明期の作品なんだよなぁ。

恋愛要素が多いのでラブコメ…なのかなぁ。
絵柄が素朴なのでお色気シーンがお色気シーンになってないんだよな。
でも、このアニメアクションシーンもかっこいいんですよ。
だから、何アニメなのかと言われると難しい。
基本的には、学園アニメだけどなぁ。
出てくるのが変人しかないないんだよな。

東京から田舎に引っ越してきた中2の女の子、菜ノ花自由は、ぽちゃぽちゃのぷりんぷりんのぼんぼーんな女の子。
300年間気力だけで生き二代目柳生十兵衛を探し続けた鯉之介は、自由こそが二代目十兵衛だと確信し、彼女にハート型のラブリー眼帯を託す。
ラブリー眼帯を付けると自由は最強の剣士柳生十兵衛に変身。
柳生新陰流を恨む刺客たちが次々と現れ、彼女は嫌々ながらも戦いの日々に巻き込まれていく…

と書くとそれなりにマジメな変身ヒロインものみたいだけど、全くそんなことはなくて。
男キャラたちが基本的に自由の可愛さに骨抜きになっちゃうので、あまりシリアスな展開にならないという…

・菜ノ花自由(二代目柳生十兵衛)CV小西寛子
ごく普通の中2の女の子。
東京から引っ越してきた転校生。
胸が大きく可愛いので様々なキャラクターたちからモテモテ。本人は恋愛に無頓着。
柳生十兵衛になることは承服していないが、正義感が強くなんだかんだで変身してしまう。

・菜の花彩(さい)CV藤原啓治
自由の父。
剣豪小説のゴーストライターをしている小説家。
自由と二人暮らし。
親バカ。いいパパ。

・鯉之介CV置鮎龍太郎
300年前、柳生十兵衛の弟子で、十兵衛の遺言通りの「ぽちゃぽちゃの、ぷりんぷりんの、ぼんぼーん」を探し続けていた。
めちゃくちゃ生真面目な性格で、気力だけで300年生き続けてきた。
かなりイケメンで若い姿のままだが、気を抜くとミイラ化する。

・番太郎CVうえだゆうじ
自由に一目惚れしたクラスメート。
時代遅れの番長のカッコをしていて、何かと突っ走る。愛すべきおバカ。
大猿&子猿という子分がいる。

・四郎CV中崎達也
自由の1つ上の先輩で、剣道部主将。
柳生新陰流の敵である流派の分家の人間であるが、自由を守ることを選ぶ。
番太郎同様に自由に一目惚れして初恋に暴走するが、基本的にはヒーローっぽい立ち回りが多い。

・マロ&さっちゃん
自由のクラスメートの女友達。
二人とも強烈なキャラクターだが、様子が変わった自由の心配もしている。

結構イケメンキャラも多いのに崩れっぷりがやばい。
4話あたりからだんだんシリアスな展開も増え、面白い!