子供のまま大人になりました
はじめに
アニメとか漫画とかゲームとかトイホビーとかを語ることが多いです。

画像はちょいちょい載せる予定です。

飽きっぽいみたいでそのときハマってるものがコロコロ変わります。
何度でも蘇るさ!
高校生の時初めてまともに遊んだ乙女ゲーム、恋愛シミュレーションゲームは携帯アプリの「エステの王子様」でした。私はエスプリと呼んでいます。
初めて遊んだのはもう8〜9年前ほどになりますが、2017年の今でも死んでは蘇るゾンビゲーと化しているので、この際恥ずかしがらず堂々と紹介させていただきます。

「エステの王子様」

多分テニスの王子様をパロったタイトル。
エイプリルフールにはサイトがテニプリパロになっていたのはいい思い出(2009年くらいかなぁ)
内容としては、同時期に遊んでた他の乙女ゲーと比べて
・話に入り込めないトンデモ展開
・規制入るんじゃないかと思うレベルのお色気過多
が目立っていました。
けど、一周回って愛すべきバカゲーでした。
月額315円の携帯アプリに始まり、ブラウザゲーが流行ればモバゲー、グリーにも進出し、シナリオボリュームアップしてDX版も出し、2011年にはDX版を絵ノベルとしても配信し、スマホでもグリー版はしばらく遊べるようになっていました…が。
古いゲームなので、だんだんと遊ぶ人もいなくなり、時代はスマホに移行し、モバゲー、グリーと配信終了、エミックの公式サイトからも消え、終了しかけたそのとき。
2016年、突如スマホアプリ版をリリース。
なんとこの時代にBGMすらついてない。
しかし、2ヶ月後には更新が途絶え、1年経たずに配信終了。
さすがにもう復活はないだろうと思っていた。
しかし、2017年、どうやらまた復活したようで。
リリース元が変わっているので、今までの内容を他の会社で移植したみたい。
売却したのかなー。それでもまだこのコンテンツにそれだけの価値があると誰かは思ってるらしい。
私は個人的には、まじか!て驚いてるけど嬉しいよ。
なんやかんやでスマホにかえたとき、遊べなくて悲しかったゲームの1つだから。
今回やっとBGMもついたし。
さすがに今更新規絵もボイスもつけられないだろうけど、こんなに昔のゲームを何度も移植して使いまわせるなんて感動するしかない。

個人的には、メインストーリーの2ndをもう一度やりたいと思うのと、配信されてたらしい3rdを死ぬまでにやってみたい。
スマホに変えなければきっと遊んでいただろうゲームを、今からもし取り戻せるならやってみたい。
ただ難しそうなんだよね、2016年に出たアプリでも、2nd以降は出なかったし。

笑える乙女ゲーとしてはおススメしています。
攻略対象キャラも個性豊かで好きです。
今は亡きスマホアプリ版のスクショの一部載せても大丈夫かな?

1.五十嵐 未来(カリスマ美容師)


プロフィールは見ての通り。
超がつくシャイボーイで、女性慣れしていないらしい。
メンバーの中では1番正統派で、攻略も1番簡単な気がする(素直に回答すればハッピーエンド)
当時の人気投票では2位だった。

2.藤島 時央(ネイリスト)


ドSキャラクター。ヤンデレ気味なところも。
ハッピーエンドになっても対等な関係をなかなか築けない。ご主人様と犬状態。
遊んでた当時は嫌いだったけど、なんやかんやで大人になってみるとそこまで悪くないキャラと思ってる。

3.東堂寺 天休(マッサージ師)


本作のセクハラ担当。次点は時央。
なんかスゴイマッサージテクを持っているらしい。
寺院の息子だったり元暴走族だったりキャラ設定が激しい。
当時の人気投票では1位だった。

4.芹澤 清馬(調香師)


香水作るヤンキー。
ツンデレというか、無愛想で不器用な性格。
最初はツンケンしてるけど心開くと優しくなるので比較的攻略しやすい。
人気ないけど1番好き。

5.国木田 トヲル(医師)


一言で言えば変人。
メインストーリーの鍵を握っているので、上の4人を攻略しないと遊べない。
見た目も性格もビミョーだと思っていても、最後らへんはなかなか…ギャップ萌えすること間違いない。

登場人物の大体が年下になってしまったのが悲しいよ。
落ちる人全然いないとおもうけど、おいでよエスプリ沼。
このバカさ加減はプレイしないとわからない。

11/22のツイートまとめ
lamune40fire

深夜にポケ森を始めた
11-22 04:32

11/19のツイートまとめ
lamune40fire

家で映画見よう見ようと思って全然見れてないよー年下の同僚がダンサーインザダーク見たとか言うから私も便乗したいけど勇気出ないよ
11-19 18:03

RT @all_nations2: 絶対僕達とニルヴァーナの認識が違う人達 https://t.co/bj7kWR5FAY
11-19 18:00

最近一人で久宝留理子にハマってるのでiTunes Storeで90年代集めたアルバム買ったんだけど、そのときクリケイが90年代から歌手活動してるのを知ったよ
11-19 16:01

♪伝えることから逃げて
P4DのED「カリステギア」がずっと密かにお気に入りです。

そういやブログの更新も滞ってるけど、ブログ巡りなんかも全然しなくなったなと思いました。
巡ってたブログ全然更新されてない。
そうやってここも忘れ去られてしまうのかな?でもやめたいと思ったことはないのでこれからも細々と続けます。FC2ブログがなくなったらお引越しか閉鎖かってなるだろうけど。
そういや前の携帯電話用サイトのブログはブックマークも残しておらず今辿り着いたとしてもログインできる自信がないので、おそらくあのまま放置でしょう。
確か記事は読めない状態にしてあったはず…
あの頃はほんとに若く、いろいろ書き散らしていたけど、あれはあれで残して読めるようにしておいたほうが何かのネタになったのかもしれない。いやでも恥ずかしいことばかりだから見えないようにしたんだ。忘れよう。
このブログも始めた頃は就活うまくいかないよトホホ…な時期やら、仕事始めて悪戦苦闘してたり、彼氏にフラれただの彼氏ができただの書いてたり、なんていうかいろんな軌跡が残っていて、このままいつまでも読める状態にしておくのはいつか自分の首を絞めるのではないかとも思っている…
もう多分書かないだろうからどさくさに紛れて書いておくけど、旧サイト及び旧ブログ名「さよならいふ」という言葉ですが、元ネタは3回生の途中でFOした軽音サークルの卒業ライブ「さよならいぶ」からとっていた。
私は当然このさよならいぶには出てないし、見に行ってもいない。大学の最後らへんは逃避の連続だったから。卒業するので精一杯で、バイトとギター教室以外はほとんど一人で過ごしてた。
サークルFOした後にギター教室通ったのは、多少はサークルに復帰する気があったからなんだけど、まぁ、ギターが多少上手くなったところで、自分にはバンドに誘える力(演奏力だけじゃなくて、コミュ力とか)がないから、どうなんだろね。
ただ、練習しなくて本番台無しにした曲を、もう一度自分の中でやり直すために通ってたのかも。
一種のリハビリでした。トラウマ克服でした。
今は自己完結している。ギター、弾きたいなとかあんまり思わなくなった…いやギターの音は好きよ。
まあなんかそういう鬱々とした気持ち(大学時代のモヤモヤ)も込めて、さよならいふなんですよ。
死にたいわけではないけど、残念な人生送ってんなぁと思っていた。
ほんとに自分に死ぬ気があるのかはわからなかったけど、今、もし私が死んだら、とかはそのときよく考えていた。
後ろ向きすぎたな。
今もあんまりメンタル変わってないけど、ほんの少し前向きになれたのは、あれからいろいろあって定職につけていて、友達と連絡とれていて、楽しい時も苦しい時もホンネを言える彼氏が同じ屋根の下にいるから、だと思う。
それがなくなったら、また逆戻りだろう。
実家から離れて、親との関係も良くなった。
劇的な事のない、ごく普通の人生。
ブログタイトル、残念ライフに改名したほうがいいだろうか…

私としては、ドラマチックな人生に憧れてるんですけど、1日1日当たり前に過ごしているようじゃ、何も変わらなくて、それもいいやと思うこともある。
何から変えたらいいのかわからないけれど、さよならいふZなんてタイトルをそこそこ気に入っていた自分が、ノリノリ紀香みたいなタイトルをつけてみたら、変わるかもしれない…!?

マイペース更新ですが、たまにまとめて読んでるよという方はこれからもよろしくお願いします。